スポンサーリンク

【低貸しは今後も増加?】5スロは勝てる?勝てない?【ジャグラーは20スロで!】

コラム

どうも、たぬやすです。

今回は主にスロットの低貸しについて記事にしてみました!

たぬやす
たぬやす

今や設置が当たり前になっている5スロ等の低貸し。パチスロを楽しむうえでレートの選択は大切です!

スポンサーリンク

5スロはなぜ生まれた?

かつてストック機と呼ばれる4号機が主流だった頃は、5円スロット等の低貸しはありませんでした。

もう20年近く前の話です。

4号機時代は、旧北斗や吉宗等の時代を作った大人気機種が多数ありました。

ギャンブル性の高い機種が多く、どこのホールも現在より賑わっていました。

しかし、その後の出玉規制により4号機時代が終焉を迎えます。

そんな時代の流れの中、パチンコやスロットで低貸しが誕生したのは4号機から5号機の移行期です。

今では考えられませんが、移行当初の5号機は非常にギャンブル性が抑えられており、客離れが大きく進みました。

稼働が落ちたホールが苦肉の策として、設置を始めたのが10スロ、5スロなどの低貸しです。

当時学生だった自分はよく5スロにお世話になっていましたね。

5号機時代もその後、メーカー等の開発努力で人気機種も多数誕生しましたが、低貸し文化は現在まで続いています。

今後は6号機時代が本格化していくと思いますが、今のところ6号機の人気はいまいちですね。

パチスロ業界の低迷が続けば、今後も低貸しは増えていくことが予想されます。

スポンサーリンク

現在は1スロも登場

低貸し設置ホールは増え続け、自分の稼働地域ではもはや設置が当たり前となっています。

20スロはいつもガラガラなのに低貸しは賑わっている。

そんなホールも珍しくありません。

そんな中、設置ホールは少ないながら1スロなんてものもあるようです。

自分は打った経験がありませんが、1スロということは単純計算で1000円で1000枚サンドから出てくることになります。

1度に出てきたら下皿に入らなそうですね( ゚д゚)

こうなってくるともはや1枚のコインにほとんど価値がないのでギャンブルではなく、ゲーセン感覚でしょうか。

むしろゲーセンよりもリーズナブルに遊べるので、遊び目的であればアリなのかもしれません。

この辺りは考え方次第ですね。

1スロなら景品交換できなくても良いので、全台設定6にしてくれたら個人的には面白いと思います。

ただ、それをしてしまうと他のレートでいかに設定が入っていないかバレてしまうでしょうね…(´・ω・)

1スロは別にしても、低貸しと20スロではどちらが勝ちやすいのでしょう?

スポンサーリンク

低貸しは勝てるの?

10スロ、5スロ、2スロ、1スロなど様々なバリエーションの低貸しが溢れているわけですが、果たして勝てるのか?

低貸しを打つ人間であれば誰しも考えることだと思います。

当然ですが、低貸しは利益率が20スロと比べて格段に低くなります。

また、客層もあまり設定を気にしない人が多く、20スロのようなガチ勢もいません。

そのような理由から低貸しでは、20スロに比べて設定が入りにくい傾向があります。

そうなると低貸しは20スロ以上に勝ちにくいとも言えます。

低貸しは1稼働当たりの負け額が少ないので、一見負けにくい感じがします。

しかし、実際には負けるスピードが遅くなっているだけで、勝ちやすいわけでは全くありません。

20スロで1週間に負ける金額を5スロでは1ヶ月かけて負ける感覚です。

それでも適当に20スロを打って年間50万負ける打ち手が低貸し中心に打てば、年間の負け額を半分以下に減らすことはできます。

そうなれば本来負けるはずだったお金で、他の趣味に使ったり美味しいもの食べて楽しむこともできます。

低貸しはトータルとして勝ちにくいものの、同じ稼働内容で負けるのであれば20スロに比べ負け額が格段に小さくできるのはメリットと言えます。

パチスロを楽しむために

結論、低貸しは勝てません。

もし低貸しで勝てる知識や技量があるのであれば、そもそも20スロを打つべきです。

また、ギャンブルをしたい人は20スロ、パチスロをゲームとして楽しみたい人は低貸しが向いています。

年間収支をプラスにできる人は20スロ、できない人は低貸しを打つのが正しい選択と言えます。

とは言え、大半のパチスロユーザーは「勝ちたい」と「楽しみたい」の狭間で稼働しています。

楽しんで勝てれば1番良いですが、そう甘くないのがパチスロです。

極論を言えば「楽しみを捨てて勝ちに徹するか」「勝ちを捨てて楽しみに徹するか」の2択です。

自分もたまに低貸しを打つことがありますが、あくまで遊びとして打ちます。

立ち回りなんてないも同然で、負け前提で好きな機種を打ちます。

打ちたい機種をお金を気にせず、楽しんで打てるのが低貸しの良い所です。

勝ちに徹するなら20スロ、楽しみに徹するなら低貸し。

この辺りは遊戯する上でしっかり分けた方が良いです。

レートをうまく使い分けることで、よりパチスロを楽しむことができるのではないかと思います。

しかし、ジャグラーについては断然20スロで打つことをオススメしたいですね!

5スロと20スロではGOGOランプの輝きが全然違います。

また、ジャグラーは遊戯を楽しむ台というよりも勝つことを楽しむ台だと思っています。

ジャグラーは是非20スロで!

そして、楽しいパチスロライフを!

たぬやす
たぬやす

今回の記事はいかがだったでしょうか?今後も不況が続けば、低貸しがさらに増えていくかもしれませんね。

こちらもオススメです(*´ω`)↓

このブログを初めて見る方はこちら(旧ブログ)もチェック!!

チャーミーのジャグラー副業日記!
ジャグラーで勝ちたいサラリーマン必見ブログ!週2回の稼働で5万円の副収入が目標!稼働日記を中心に勝つ為の考え方、珍しいデータの紹介などをしています!

ブログ村はこちらから入れます(*‘ω‘ *)↓

にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました